がんの見落としを後悔しないために検査画像を送るだけで専門医師が再判定

メニュー

肺CT再判定

なんで肺がんセカンドオピニオン?

日本人のがん死亡1位の肺がん。
早期発見にはCT検査が必要不可欠です。

肺がんは男性の12人に1人、女性の26人に1人がかかり、男女合計の死亡数では全てのがんの中で1位です。何らかの自覚症状があってから発見された肺がんは既に進行してしまっている場合がほとんどで、肺がんの早期発見には肺を立体的に詳しく調べることができるCT検査が必要不可欠です。

多くの場合、CT画像をチェックする医師は1人だけ。
見落としはゼロにはできません。

医師は、CT画像にごく小さくしか写っていない肺がんであっても、専門知識と長年の経験によって見つけることができます。しかしながら、医師も人間であり見落としてしまうこともあるのが実情です。
CT画像をチェックする医師は1人だけの場合が多いため、その1人の見落としが取り返しのつかないことになる場合もあるのです。

肺CTセカオピは画像診断の専門医が
じっくり時間をかけて再判定します。

近年の撮影装置の高性能化に伴って画像枚数が増加し、医師は毎日5,000枚以上の画像を見ることも当たり前。患者1人の画像をじっくり見ている時間はなく、疲労によって診断の質も落ちます。
肺がんの中にはわずか2〜3年で肺がんから他の臓器へ転移するまでに進行してしまうものがあります。見落としを限りなくゼロにするために、肺CTセカオピでは専門医がじっくりと時間をかけて再判定しています。

ご利用の流れ

    検査時の画像データの入手

  • 検査を受けた医療機関に、「検査の画像データをCDで欲しい」とお問い合わせください。
  • ※医療機関によっては画像データの発行に別途料金が必要な場合があります。

    画像データCDのご郵送

  • ご注文後、当社より画像データCDのご郵送先について、メールをお送りします。

    メールに記載の住所宛に、画像データCDをご郵送ください。

    結果レポートの報告

  • 当社が画像データCDと問診票を受領してから2週間ほどで、専門医の判定やアドバイスを分かりやすく記載した結果レポートをメールにてお送りします。レポートのサンプルはこちら
  • 画像データCDの返却をご希望の方は、別途購入画面の配送方法の選択で「CD返却要」を選択してください。

料金・支払い方法

料金 12,000円(税別)
お支払方法 クレジットカード決済(VISA、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS)

お客様の声

30代 Aさん
乳がんの検診結果で異常なしとあっても見落としがないか心配でしたが、画像専門の医師に再判定をいただき、異常がない事が改めて分かりとても安心出来ました。
40代 Bさん
医療機関で撮影した画像CDを取寄せるのは思った以上に簡単で、後はこちらに申込みするだけで再判定をしてもらえるので、手間が掛からずとても便利だと感じました。また検査の予約や行く時間が無いので大変助かりました!
50代 Cさん
分かりやすく丁寧なレポートを頂き、これまで不安に感じていた事が解消されました。また来年も検診後に利用をしたいと思いました。